スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未来戦隊タイムレンジャーCase File6「偽りの招待客」(YouTube配信版レビュー)

脚本:小林靖子
監督:小中肇
登場囚人:宝石窃盗犯ルージェ(圧縮冷凍刑15年)
【ストーリー】
宝石ムーンキングが宝石店店長になりすましたロンダーズ囚人ルージェに盗まれた。
タイムレンジャーはルージェの次のターゲットが宝石ムーンクイーンであることを知り
ムーンクイーンがある船上パーティー会場へと潜入捜査を開始する。
しかし、そこで竜也を待っていたのは…

【感想】
タイムレンジャーのメインテーマである「運命は変えられる」というテーマを前面に押し出したエピソード。

幼いころから竜也は浅見グループの看板を背負って生きてきたためか
彼はその看板なしでも生きていきたいという強い思いを抱いています。

父渡も若いころは竜也のように自由に生きてみたかったと思っていたこともこのエピソードで判明します。

竜也が招待客の話し相手になっている間にアヤセ、ドモン、シオン、ユウリはルージェを捜索するのですが
4人それぞれのキャラらしさの出た捜索方法もユニークでした。

今回、登場した囚人ルージェの声優はカブタックでテントリーナの声を担当した橘ひかりです。

【名台詞】
竜也
「自分の意思で変えられないことなんてない!
絶対にね!!」

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

FC2カウンター
ランキング参加中です!
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。