スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダー555第2話(Youtube配信版レビュー)

脚本:井上敏樹 
監督:田崎竜太
登場怪人:エレファントオルフェノク
(ストーリー)
ファイズに変身した乾巧。
そしてオルフェノクに覚醒して自分の恋人の千恵を奪ったいとこの一彰を殺害した木場。

二人の運命が大きく変わり始めたころ、スマートブレインの使者スマートブレインは
すべてに絶望し、自ら生命を断とうとする木場を救った。

巧と真理の前にもファイズのベルトを奪うためにスマートブレインから刺客が送り込まれていた。

(感想)
このお話で主題歌「Justiφ's」とエンディングテーマ「Dead or alive」が披露しました。
特に主題歌のJustiφ'sですがとても思い出深い1曲です。



メロディも大好きなんですが特にお気に入りなのは詩ですね。
平成ライダーの主題歌の中でもトップクラスに入るぐらい好きです。

シリアスな展開が多かったですがバックを盗まれた巧が警察署でまたバックを盗まれるシーンはツッコミを入れたくなりましたw

戦闘シーンではファイズの必殺技「クリムゾンスマッシュ」が初披露されました。
ファイズポインターにミッションメモリをセットし、ファイズフォンのエンターキーを押すとフォトンブラットに全エネルギーを解放してレーザーポインタから捕捉ビームを発射して相手の動きを封じた後にジャンプキックを放つというもので当時は従来のシリーズにはない斬新なキック技でとても感動した記憶があります。

それにファイズのスーツアクターを務める高岩成二の腕を振るわせるポーズも大好きです。
あの動きあってのファイズアクションだと思います。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

FC2カウンター
ランキング参加中です!
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。