スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーカブト第4話(YouTube配信版レビュー)

脚本:米村正二 監督:田村直己(テレビ朝日)
登場ワーム:ベルクリケタスワーム

(ストーリー)
2年前、失踪したはずの加賀美の弟亮が彼の前に現れた。ワームの仕業だと思い、再会を諦めかけていた加賀美にとってとても嬉しい再会だった。
しかし…

(感想など)
ワームの擬態能力の恐ろしさを描いた仮面ライダーカブトの中でも傑作の呼び声高いエピソード。
ZECT対ワームの戦いも激化し、ZECTの隊員でもある加賀美を狙ったワームは
加賀美の弟亮に擬態。そして、彼の心に揺さぶりをかけて最後は彼の姿に擬態し、ZECTを壊滅に追い込もうとします。

冷静沈着に状況を見極めてワームを倒そうとする天道と弟亮のことで悩む加賀美の価値観の違いから起きる衝突も二人の絆を深める上でも欠かせないドラマとなっていて
ワームにトドメを刺せる状況でありがらも加賀美の意思に最後ゆだねる天道の心遣いもお気に入りです。
このお話で更にカブトという作品が好きになりました。

(名台詞)
天道「おばあちゃんは言っていた。
"人は人を愛すると弱くなる。
けど、恥ずかしがることはない。
それは本当の弱さじゃない…"ってな。
弱さを知っている人間だけが本当に強くなれるんだ!」

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

FC2カウンター
ランキング参加中です!
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。