FC2ブログ

【感想】仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズMOVIE大戦MEGA MAX

観てきました。

「面白すぎて血管が沸騰しそう(爆)
もう1回観たいw」

※ここからちょっと長めの感想です。ネタバレ含みます。



はじめに

今までのMOVIE大戦とは違った観点で物語が展開しました。

今までは放送終了した仮面ライダーと放送中の仮面ライダーの2作品の新作が放映された後にクライマックスシーンでMOVIE大戦が放映される方式でしたが
今作から5部作になり、3作品の仮面ライダーが共演するという今までもダイナミックなものだったのですが
今まで以上にダイナミックかつアクションドラマの要素がパワーアップしているなと感じました。

それでは5部作に分けて感想を紹介したいと思います。




第1章
仮面ライダー1号から仮面ライダーストロンガーの栄光の7人ライダーの活躍がメインで展開され
地球の征服に必要な悪の組織のオーバーテクノロジーを狙って暗躍する「財団X」の刺客たちから地球を守るために仮面ライダーが戦うのですが…

このシーンはアクションはもちろんのことBGMにもしっかりとしたこだわりがあって
「栄光の7人ライダー」の新バージョンが流れるシーンから始まり…

「ジツニスバラシイ!」

の一言に尽きます。
もうなだれ込むアクションの数々はマジでたまりません!




第2章「仮面ライダーオーズ」

オーズですが40年後の未来から来た仮面ライダーポセイドンが現れます。

鴻上の依頼で再び戦いに参加するのことになった後藤と伊達のピンチに颯爽と映司とアンクのコンビが駆け付け、なだれ込むような亜種形態のチェンジシーンも心地よく、ピンチになった後藤と伊達のその後の掛け合いもギャグテイストが強くてとても微笑ましいシーンでした。

更にテレビシリーズ後半では出番の少なかったシャウタコンボの登場やポセイドンに心と体を乗っ取られていた未来から来たミハルが変身する仮面ライダーアクアの太極拳アクションとタジャドルコンボが協力してミハルから逃れたポセイドンと戦うシーンが一番お気に入りです!

最後にツッコミを一言。

「鴻上会長はやっぱり最後までトラブルメーカーでしたw」




第3章「風都編」
第3章のメインは仮面ライダーWです。
フィリップは検索作業が忙しいようで翔太郎一人で果敢に財団Xのエージェントたちと激しい戦いを展開します。
そこで登場したのが翔太郎が一人で変身する仮面ライダージョーカーです。

初代仮面ライダーや仮面ライダーBLACKを思わせるような肉弾戦を主体にしたジョーカーのアクションもお気に入りです。




第4章「仮面ライダーフォーゼ」
学園祭を満喫していた弦太朗たちの前に空から美咲撫子という名の美女が落下したことで
弦太朗に異変が起きます。

彼女の美しい姿とミステリアスな雰囲気に弦太朗は恋に落ちていつもの調子が出せず、あたふたしながらも戦うシーンはとてもコミカルで面白いシーンでした。
弦太朗の異変に気付いた仮面ライダー部の面々が恋の行方を見守ろうとするシーンも大好きです。

しかし、撫子を狙って財団Xも行動開始します。
彼女がソルと呼ばれる液体生命体で生命体や金属をコピーする力を持つ能力を狙います。
そうとは知らない弦太朗は彼女とデートを重ねるうちに撫子を本気で好きになっていきますが
ある出来事がきっかけで二人は離ればなれにならなければならないシーンがあり
その一連のシーンはマジで…目頭が熱くなりました。

アクションパートはオーズ、ドラマパートはフォーゼが個人的にお気に入りです。




最終章「MOVIE大戦MEGA MAX」
撫子は財団Xに捕らわれ、弦太朗は彼女を救出しようとしますがそこに映司や翔太郎、フィリップといった
先輩ライダーたちが出現し、彼を戦いの中で導きます。

トリプル変身も燃えましたが…
個人的には歴代仮面ライダー映画史上もっとも熱い戦闘パートだと絶賛したいです。

1.仮面ライダーW対財団X製ドーパント軍団
2.フォーゼ&オーズ対財団X軍団
3.アクア対カザリ
4.1号ライダー対ナスカ・ドーパント(赤)
5.2号ライダー対ガメル
6.V3対クレイドール・ドーパント
7.ライダーマン対メズール
8.Xライダー対ウヴァ
9.アマゾンライダー対スミロドン・ドーパント
10.ストロンガー対テラー・ドーパント
11.フォーゼ&オーズ対超銀河王


サイクロンジョーカー、ヒートメタル、ルナトリガー、エクストリームといった主要のフォームをWが使い分けなながら撃破。

財団Xの戦闘員軍団相手にオーズはプトティラとブラカワニを除く全コンボにチェンジして戦うシーンや
フォーゼのスイッチを使って熱い戦いを展開するシーンもお気に入りです。

ここはもう休みなしに次々と必殺技を使っていくシーンになっています。
まぁ…映司が何故、コンボを多用してスキャニングチャージを使っても疲労で倒れなかったのかというツッコミをさせないくらいの勢いもありましたね。

そして、財団Xの幹部カンナギの罠にかかり、メダルとスイッチにされていた栄光の7人ライダーもオーズとフォーゼの活躍によって復活し、財団Xの再生幹部軍団と戦うシーンも熱かったですね。
この後は栄光の7人ライダーの大活躍シーンですが…
こちらも次々と必殺技を浴びせるシーンも興奮しました。
特にXキックとストロンガー電キックのシーンがお気に入りです。
もう…今の技術と放送当時の映像の融合は神クラスです。

最後の強敵はカンナギがコアメダルとアストロスイッチ、そして、ソルの技術によって変身した超銀河王です。
超高速移動(時間停止)や物質の変換能力でオーズとフォーゼを追い詰めましたが
未来の力でスーパータトバにパワーアップしたオーズと撫子の愛の力で進化したフォーゼロケットステイツに倒されました。

スーパータトバとロケットステイツですがデザイン上、出番は1分あれば正直、いいかなと思っていたのですが
想像以上に大活躍していて本当に満足でした!
二人の同時必殺技の発動シーンもカッコよかったです。



この記事へのコメント

トラックバック

MAGI☆の日記 - 2011年12月11日 06:19

【劇場鑑賞】仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAX

仮面ライダー×仮面ライダー フォーゼ&オーズ MOVIE大戦MEGA MAXを見てきました。 「ねぇ、今日はどこに出かけてきたの?」 「今、ちょっと忙しいから後にして」 「何読んでるの?」 「パンフレット...

URL :

FC2カウンター
ランキング参加中です!
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
カテゴリ