スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮面ライダーオーズ第22話「チョコと信念と正義の力」

基本的に日曜~月曜にレビュー更新。
劇場版をみたらネタバレなしのレビューを更新していきます。

本題へと移ります。

今回のオーズの感想は・・・

正義感の強い神林がウヴァにその強い正義感を利用されて
正義感が暴走してしまうというのが今回のお話の主軸です。

神林の強い正義感から誕生した怪人「バッタヤミー」は前回から登場していますが
名前の通り、モチーフがバッタということもあり
仮面ライダー1号、2号や真を思わせるデザインで
特撮ファンである私にとってもかなりツボに入るデザインです。

キモかっこいい感じもまたたまりません。

正しいことをするヤミーに対して疑問を抱く後藤に映司が

いっぱい見てきた。
誰かを守りたいという気持ちや自分たちの正義を守りたいという気持ちが
どんどんエスカレートすることもある。
正義の為なら人はどこまでも残酷になれるんだ。


というセリフがあったり、まだバッタヤミーを倒すことに躊躇う後藤に伊達さんが

自分に自信を持て!
道を間違えたら誰かが教えてくれる…
だから、自分を信じて自分のやりたいようにやれ!


というセリフで後藤を励ますシーンもお気に入りです。

さらに今回、戦闘シーンでもタジャドルのギガスキャン初使用やバースがライドベンダーに乗ったり、クレーンとドリルのダブル合体技があったりと見所満載なお話でした。

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

FC2カウンター
ランキング参加中です!
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。