スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東映ニコニコおふぃしゃるで忍者戦隊カクレンジャー最終回配信!大好きなエピソード&大好きな妖怪など



※動画は3月15日17時30分から1週間のみ無料配信。

最終回が本日17時30分から配信開始になりました。
YouTubeの方でも以前、配信になりましたがその際、全話総括をやっていなかったので
ニコ動でもまた全話見終えての総括をやりたいと思います。

忍者戦隊カクレンジャーは1994年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第18作目。
メインライターは杉村升(ジバン、ウインスペクター、ソルブレイン、ジュウレン、ダイレンなど担当。)

戦隊シリーズ初の忍者モチーフで敵が妖怪という当時はとても斬新な設定でした。
過去の戦隊シリーズで忍術に精通しているメンバーはカクレンジャー放送以前にいましたが戦隊のメンバー全員が忍法の使い手なのはカクレンジャーが初です。


敵の妖怪デザインを主に担当したのは篠原保。
太古の昔に封印された妖怪が現代に復活し、その妖怪を現代風にアレンジしたデザインはとても個性豊かなキャラが多く、大好きな妖怪も多いです。

主要人物で好きなキャラはほぼ全員なので今回の総括は好きな妖怪と好きなエピソードを中心に総括したいと思います。




【特に好きな5つのエピソード】

※2話完結エピソードは2話分を1話とカウント。
3話完結エピソードも同様とする。

第18話「ハローきのこ君」 
脚本:杉村升 監督:渡辺勝也
登場妖怪:ザシキワラシ

第28話「超大物・来日!!」第29話「史上初の超対決」(ショー・コスギゲスト出演2部作)
脚本:杉村升 監督:東條昭平
登場妖怪:ヌエ

第30話「再会 裏切りの父」
第31話「見たか!! 新将軍」
(隠大将軍登場編)
脚本:杉村升 監督:小笠原猛
登場妖怪:ガシャドクロ

第41話「はぐれゴースト」
脚本:曽田博久 監督:小笠原猛
登場妖怪:チョウチンコゾウ、ゴースト軍団

第42話「強奪忍者パワー」
第43話「三神将最期の日」
第44話「傷だらけ大逆転」
(クリスマス商戦用大バトル編)
脚本:杉村升 監督:小笠原猛(第42話)、渡辺勝也(第43話、第44話)
登場妖怪:ダラダラ



カクレンジャーは特に好きな話も多いのですがこの5エピソードは特に大好きです。
ほぼバトル重視のエピソードを紹介していますが、そのバトルの中にもカクレンジャーの忍者として戦う中で起きる心のドラマが特に大好きなお話だったり、ゲストキャラとカクレンジャーの心の交流を通して成長していくドラマが特に多いエピソードを紹介しました。

特にショー・コスギがゲスト出演した第28話、第29話はメインキャラであるジライヤを演じたケイン・コスギの素面アクションのかっこよさが凄く大好きなお話です。
ドラマパートもとても濃厚で大好きなエピソードです。



【好きな妖怪ベスト5】

第5位:オボログルマ(第3話ほかに登場)
第4位:カッパ&ロクロクビ夫婦(第1話ほかに登場)
第3位:チョウチンコゾウ(第41話に登場)
第2位:ガシャドクロ【貴公子ジュニア】(幹部妖怪)
第1位:妖怪大魔王(妖怪軍団の支配者)



オボログルマはジライヤ初登場の第3話に登場した妖怪で普段はタクシーの運転手をしているという設定がとても面白くて好きです。
第4位のカッパ&ロクロクビ夫妻はカッパ役の赤星昇一郎のキャラ設定だったり
二人の掛け合いが凄く面白くてそこから一気にカクレンジャーにハマったので好きな妖怪です。
第3位のチョウチンコゾウは声優が千葉繁(キョウリュウジャーのナレーションなど)で面白いキャラ設定とチョウチンコゾウが登場した第41話が好きだというのもあります。

第2位と第1位はやっぱりカクレンジャーを語る上では外せない大魔王&ジュニア親子。
ジュニアのぶっ飛んだキャラ設定が中盤のカクレンジャーを更に盛り上げ、大魔王登場編へとつなげていく展開がとても好きなので紹介しました。


蒸着 〜We are Brothers〜[DVD付]蒸着 〜We are Brothers〜[DVD付]
(2013/04/24)
Hero Music All Stars Z

商品詳細を見る

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

FC2カウンター
ランキング参加中です!
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。