スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成仮面ライダーシリーズ小説の世界へ!(仮面ライダークウガ、仮面ライダーW、仮面ライダーオーズほか小説化決定!)執筆者:荒川稔久、三条陸ほか担当

 長くファンに愛されている特撮の「平成仮面ライダーシリーズ」の12作品、仮面ライダークウガからオーズまでが小説となって、ファンの前に再登場することになった!! テレビシリーズ各作品を担当した脚本家陣が、スピンオフ小説として新たに腕を振るうもので、来月30日から「講談社キャラクター文庫」(税込み650円)として発売される。今回の「特撮HOCHI」では、ファン待望の小説化をクローズアップする。

今回は第1弾としてクウガ(00年放送開始、主演・オダギリジョー)、カブト(06年、主演・水嶋ヒロ)、W(ダブル=09年、主演・桐山漣、菅田将暉)、オーズ(10年、主演・渡部秀)の4作品が同時発売される。


続きを読む



過去に仮面ライダー555の脚本家の井上敏樹が仮面ライダー555の小説版である「異形の花々」を執筆して以前に話題になりましたが
913祭り2(草加雅人役の村上幸平)のイベントで以前発売された仮面ライダー555の再小説化の話もあってまさかシリーズ全体を巻き込んだニュースになるとは予想もしてなかったんで朝、ニュースを知ってとても驚きました。

更に以前発売された仮面ライダーカブトのDVDにもオリジナル小説が封入されていてメインライターだった米村正二が小説を執筆担当していましたね。

今回のニュースですが更に凄いのがテレビシリーズの脚本を務めた豪華脚本家陣が小説を担当するというニュースも更に驚きました!

仮面ライダーWは元々、ハードボイルド探偵小説を題材にして作られた仮面ライダーなので
とても小説との相性も良さそうですし、クウガの独特の時系列を駆使しした物語も小説でどう表現されるのかも気になります。
更にオーズは欲望がテーマになっていてそのテーマを小説の世界観でどう表現するのかも興味があります。

発売、とても楽しみです!

訂正:最初更新した記事でオーズの小説の執筆者を小林靖子と記載しましたが正しくは毛利亘宏です。

情報元:平成ライダー、小説に変身!TV版の脚本家が執筆


仮面ライダーファイズ正伝-異形の花々- (マガジン・ノベルス・スペシャル)仮面ライダーファイズ正伝-異形の花々- (マガジン・ノベルス・スペシャル)
(2004/08/17)
井上 敏樹

商品詳細を見る



Life is SHOW TIME 初回盤 “鬼Life is SHOW TIME 初回盤 “鬼"
(2012/10/24)
鬼龍院翔fromゴールデンボンバー

商品詳細を見る


【仮面ライダーウィザードや仮面ライダーフォーゼ、ゴーバスターズ、アキバレンジャー、宇宙刑事ギャバンTHE MOVIEの新情報は↓でも盛りだくさん!】
にほんブログ村 テレビブログ 特撮ヒーローへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

トラックバック

URL :

FC2カウンター
ランキング参加中です!
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。