FC2ブログ

仮面ライダーフォーゼ第35話「怪・人・放・送」

【スタッフ】
脚本:長谷川圭一
監督:渡辺勝也

【登場怪人】
カプリコーン・ゾディアーツ
リブラ・ゾディアーツ

【ゲスト】
五藤東次郎(演)川村亮介
川美奈(演)村上穂乃佳
田鈴美(演)城戸愛莉
シルエットに映るJKの父(演)Ryo ほか

【あらすじ】

謎の仮面ラジオパーソナリティー「ジーン」の歌と軽快なトークで高校生を中心に大人気のネットラジオ「ミルキーナイトカーニバル」

なんとそのラジオの投稿にゾディアーツに目覚めたある男からのリクエストが届いた。



【感想】
今回と次回のメインキャラは仮面ライダー部では情報屋として活躍し幅広い人脈を持つチャラ男のJK。

彼の過去と生い立ちが今回のお話で明らかになりました。
まず、彼の父は元ミュージシャンである出来事(これは次回明らかになる模様)でミュージシャンを引退していること。
次に父の影響でミュージシャンを志すも音痴であることから周囲から馬鹿にされ、音楽を1度諦めた過去があること。
そして、彼にはその夢を分かち合った仲間である五藤がいたこと。

今回のメインゲストキャラである五藤はギタリストでもあり、ラプラスの瞳の力に覚醒した速水校長によってカプリコーン・ゾディアーツの最輝星の才能を持っていることを見出された青年です。

カプリコーンのスーツアクターは同じギターを操り戦う戦士仮面ライダー轟鬼のスーツアクターである渡辺淳さんです。そういう遊び心に満ちたキャスティングも面白いなと思いました。

カプリコーンの能力は手に持ったギターで超音波を発生させて相手の動きを止めたり
その音色で音痴である人間の才能を開花させて歌の達人にしてしまう能力があります。
その能力によって歌にコンプレックスのあったJKが驚くほどの上達を見せてもう一度、歌手の夢を叶えようと動き出します。
しかし、その能力には大きな落とし穴があり、その音色を聴いた人間を極限の興奮状態にしてしまう作用があります。
そのメロディによって賢吾たちがずっと「はやぶさくんロックバージョン」を歌い続けるシーンはギャグ色がとても強かったのもあり、とても緊迫した状態であるのにも関わらずとても面白かったシーンでしたw

ギャグシーンといえば弦太朗がラジオで「友情岬」という演歌をリクエストしているシーンもあり
弦太朗らしいリクエストだなとも思いました。

次回はJKメイン回の後編。
謎のベールに包まれていたJKの父の秘密が明らかになったり、今までフォーゼとメテオが倒したホロスコープスが再登場したりと見どころ満載なエピソードになりそうです。とても放送が楽しみです。

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーメテオストームS.H.フィギュアーツ 仮面ライダーメテオストーム
(2012/08/31)
バンダイ

商品詳細を見る
スポンサーサイト



NEXT≫
FC2カウンター
ランキング参加中です!
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ